最近チーズにはまっています。
料理に加えたり、そのまま食したり、大変重宝します。
きっかけは本物のパルミジャーノ・レッジャーノのかけらを

試しに伊勢丹で購入し、パスタにかけてみたら

驚くほど美味しくなった経験からです。
しかしそのかけら(手のひらの半分以下)で

値段が3000円近くもする最高級チーズでした。
さすがに毎回買えないのであれこれ試しているうちに、

はまってしまったのです。

それでは最近試したチーズをちょっとご紹介します。

 

imamura20120131.jpg

右から
・ポン・レヴェック
・リヴァロ(中央上:黄色)
・カマンベール(中央下)
・コンテ(中央左:細長いもの)
・カマンベール
コンテを除き、

フランスのノルマンディー地方(モンサンミッシェルがある)のチーズです。

まだまだ詳しくありませんが、

この中ではコンテが固くてパルミジャーノ・レッジャーノみたいで、

そのまま食べても、料理に入れても素晴らしいチーズだと思います。
リヴァロは癖が強く、その他は癖があまりありません。
 

imamura_20120131No2.jpg
 


各チーズを25%づつ配合して、グラタンをつくりました。
本物で作ると香や旨味がたまりません!

フランスチーズってすばらしぃ ヾ(*´∀`)ノ

Check

毎日寒いですね。

でも、関東最北端 那須塩原市に居住しておりますと
東京の寒さなんて、フフ・・・てなもんです。
我が家では、先日、台所で布巾が凍っておりました。
最高気温が0℃を超えない「真冬日」が結構ありますし
最低気温が-6℃程度は当たり前。
ワタシの部屋は北向で、日中不在にしておりますので
石油ファンヒーターを炊いても、室温が6℃以上になるのは
なかなか時間がかかります。
持ち帰りの仕事を夜やる時などは、「マッチ売りの少女」の気分。
指先に息を吹きかけながら。。。

でも、今年はちょっと快適になりました。
以下、ご紹介する、「3つの秘密兵器」を導入したからであります。

秘密兵器 その①「湯たんぽミニ」

大久保_no_1.jpgのサムネール画像のサムネール画像


郵便局の暮のキャンペーンのくじびきで当たりました。
18センチほどの小さな湯たんぽです。
手を暖めるのに重宝しています。

秘密兵器 その②「手作りリストウォーマー」

大久保_no_2.jpgのサムネール画像のサムネール画像

Twitterで知り合った福島市のお友達が、
ワタシの「つぶやき」を見て、送ってくれました!もちろん手作りです。
指先は自由に動くし、PC作業が快適になりました♪

秘密兵器 その③「なんて言うんだろ?これ」

大久保_no_3.jpgのサムネール画像のサムネール画像

「石油ファンヒーターに向かって鎌首をもたげるモスラ」みたいですけど、
これ、ファンヒーターの温風を任意の場所に誘導するパイプなんです。

これがなかなかの優れもので、いままで冷えに冷えてたデスク下の足元がポカポカです! 居間ではこれをコタツの中に入れておりますが、コタツのスイッチを入れるより何倍も温かいのです。室温がその分下がってしまうこともなく、かなりの省エネにもなっています。

大寒が過ぎましたけど、これから2月中旬までは、まだまだ寒い。けど今年はこの「3つの秘密兵器」のおかげで、快適に乗り越えられるんじゃないかと思います。
皆さまも、それぞれの耐寒対策で寒さを乗り切ってくださいね♪

Check

現在の住まいは私が生まれてから小学校まで住んでいた集合団地。
20数年前に小学生の私が
半袖・短パンで駆け回っていた小学校近くの森林公園で
娘が枯れ葉に頭を突っ込んで遊んでおります。

 

taniwaki_0118a.jpgのサムネール画像

 

ふと思い返せば、時の流れに身を任せていたら33の年を重ねていました。
今まで通りこれからも、時の流れに逆らわず、
しかし時にはアグレッシブに公私共に充実した一年を過ごしたいものです。

 

taniwaki_0118b.jpgのサムネール画像

娘(1歳2ヶ月)が足の下から顔を出して「いない・いない・バァー」を覚えました。

Check
皆様
明けましておめでとうございます。
 
2008年12月から始まったこのブログも
今年で四年目、私は四回目の登場です。
 
今回も山の話で恐縮です。
 
仕事以外の時間は家事か読書。
あまり趣味を持たない私の唯一の楽しみが登山。
何か仕事以外の話を思うと山登りしか無いのです。
まあ、健康にも良いし。
 
2009年の秋から始めた登山は
夏山、冬山と経験し、
小川山ではロッククライミングにも挑戦し、
チョイチョイ落下しています。
 
「健康の為なら、命もいらんちゅうやつやね」と
あるお客様に言われましたが、保険と安全確保は
しっかりしていますので。
 
ただ去年は3月11日以降、東京を一泊、二泊と
空けることがなかなか出来ず、いつもの年の
三分の一の山行きでした。
 
 
ある初秋の日、雲の上の山々。
 
雲の上.jpg
 
 
 
山小屋でも、話は自然の怖さと、命の尊さ、
そして人と人が協力し、助け合うことの大切さでした。
 
 
ある山頂で。右上に居ます。
 
ある山頂.jpg
 
 
この後はもちろん、雲上の露天風呂へ。
水筒にシングルモルトのウイスキーが
入っています。
 
 
課題に向かって全力で登る。
本年もよろしくお願いします。
Check

最終更新:2018/09/20 RSSについて

月別記事一覧