冬休み中に実家の近くで撮った写真ですが、

鳥の名前が分かりません。

 

写真①0131.jpg

 

(※モザイク部分はハトをお食事中ということで、、、)

 

気になったもので、ネットで「猛禽類」「タカ」などの

ワードで画像を検索してみたところ、

鳥素人には見分けがつかない似たり寄ったりの

鳥類がいくつも存在するようです。

 

その中から写真の鳥を特定するには、

羽の模様や各部位の形状から

僅かな違いを識別せねばならず、、、

なかなかの時間と労力を伴う作業です。

 

しかしながら、小学生時代を全盛期の宗兄弟と共に

駆けぬけた世代としては、鳥の1羽や2羽見分ける程度のことは、

茂氏(兄)と猛氏(弟)を見分ける過程で培った

目利き力をもってすれば、そう難しいことではないだろう、

とタカをくくっていたのですが、これがまあ手ごわいのです。

 

例えば、羽の模様が明らかに違うものは

候補から外していくのですが、

ややこしいことに猛禽類のほとんどが、

幼鳥/成鳥の時期や、オス/メスで

その模様が違ったりするため、

当初は見た目が全然違うからと除外していた種類の鳥も、

条件次第では

 

「鳥(チョウ)ーッス!...写真の鳥、

 もしや幼鳥時代の自分かも知れないっす。」

 

とばかりに、どうにか確定しつつある候補枠内に

バサバサと飛び込んで来るもんで、

調べを進めるほどに、絞り込むつもりが

逆に増えてしまうという珍事態に陥ってしまうのです。

 

さらには、これに違いないと思った鳥を調べてみると

「ハトを捕食することはありえない」との記述が出てきたり、

そもそも時期的に日本にいるはずがなかったり

(渡り鳥で海外へ移動中)と、

調べては振り出しへ戻る、の繰り返しで遅々として進みません。

 

らちが明かないのでこれだけは使うまいと決めていた

「ネット掲示板」を頼って質問してみたところ、、、

 

Q:この鳥はなんですか?(15:05)

A:過眼線と顎線が明瞭ですね。

  これはタカ目タカ科の「ノスリ」です。(17:00)

Q:ありがとうございます、ベストアンサー差し上げます(17:15)

 

と、半日もたたぬうちにあっさりと正解をいただきました。

(初めからこうすれば良かった、、

 それにしても鳥類マスターの知識たるや!)

 

ちなみに「ノスリ」は、(諸説あるようですが)

鷹狩に使いものにならないことや、

猛禽類の中でもそこいら中にいる鳥、というマイナスイメージから

「糞鳶(くそとび)」や「馬糞鷹(まぐそだか)」という、

今にもPTAが怒鳴り込んできそうな

ひどい別名を付けられているそうです。

 

鳥の気持ちは分かりませんが、

気を落とさずに頑張ってもらいたいです。

 

“糞鳶”ことノスリ  なかなかのイケメンなんですが、、、

 

写真②0131.png

 

“馬糞鷹”という別称は

この「チョウゲンボウ」という鳥に対しても使われるそうで。

ひどいもんです。

 

写真③0131.jpg

 

Check

こんにちは。

 

常日頃、一般の方に分かりやすいIT表現を模索しつづけている

電子メディア室のIです。

 

今回は分かりやすさについて、

自分なりの考察をまとめたいと思います。

 

◆本物とは?

本当に美味しいものとは? 実際食してみないこと分かりません。

しかし人は経験に沿って一定の基準を持っています。

「お店が激戦区にある」。だから美味しい。

「ホームページが綺麗」。だから信用できる。

など。

 

最近はこれに、他の人が評価した評価軸が入ります。

「★3つです」ほほう!これはちょっと気になる。

「★1つです」やめた方がよさそうだ。 

これをレコメンドと呼びます。

 

他人の評価を購買部分に設置できないサイトは効果が上がりません。

アマゾンや楽天、booking.comが

正規店より優れているのはそのためです。

 

◆高級品は分かり易い?

有名ブランド→しっかりしている。壊れない→高い。

ベンツ→壊れない、速い→怖い。

キャビア→とてつもなく美味しい、手に入らない→高い。

 

◆高級品にも分かり易さが必要な時代になった?

情報があふれ、身近なスマホで瞬時に比較ができる時代です。

高級品にも分かりやすさが求められるのかもしれません。

 

 

あまり深くない内容で申し訳ありませんが、そろそろ本題です。

 

デジタルには置き換えることのできない本物の価値を確かめるべく

キャビアに挑戦しました。

 

箱は桐箱よろしく、とても重厚な作りです。

中身を取り出して一口。

「?」

想像とちがい、美味しくありません。

もう一口。

はっきり言います、マズイです。

 

つくづく先入観は恐ろしいなと、

キャビアの美味しさをつづったブログを

検索しまくる自分でありました。

 

P_20170614_210402.jpg

 

 

P_20170614_210611.jpg

 

 

P_20170614_211037.jpg
Check

みなさま

 

明けましておめでとうございます。

 

2008年から始まったこのブログも

今年で10年目、私は10回目の登場です。

 

昨年もあっという間の一年でした。

また一年登山に行けませんでした。

お医者さんから3㎏減量の指示。

 

元旦は恒例の河口湖へ。

快晴、富士山がきれいです。

今年はかなり寒い。

気合を入れて朝5時から走ります。

 

  

2018富士.jpg

 

 

なんとか河口湖一周。2時間以上かかりました。

少し全身が活性化してきたような気がします。

 

今年のテーマはチャレンジ。

 

ますます充実したトータル&ワンストップのサービスで

みなさまのお役に立てる一年にします。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 
Check

最終更新:2018/09/20 RSSについて

月別記事一覧