街中などで、散歩している犬を見かけると
ついふらふらと吸い寄せられていってしまいます。

 

pict_mori.jpg

 

・・・かわいい。(笑)

 

ふと、

 

「犬・猫は感情を素直に表現するから魅力的なんだ!
だから君たちも見習って感情を素直に出すようにすると魅力がアップするかも」

 

と、今は無き男子中高生の恋愛バイブル「Hot-Dog Press」
(「anan」の男性版のような位置づけの雑誌)に
書いてあったなあと思い出しました。
学校の帰りによくコンビニで立ち読みしたものです。

懐かしい。


今までに犬を飼ったことがないので、
機会があれば一度飼ってみたいものです。

Check

 

去年の夏、家族で瀬戸内海生口島にある耕三寺の「千仏洞地獄峡」と言う、

地下霊場に行きました。


耕三寺01_広島瀬戸田.jpg


そこでの出来事。
私には、娘が三人います。

三女は恐がりで、こういう所に連れて行くとおもしろい(当時、小学校一年生)。


暗い地下道、剥き出しの岩肌に地獄絵のレリーフが、

仄かな明かりに照らされて地下に向かって並んでいます。


耕三寺02_広島瀬戸田.jpg


娘は、妻の手を握り興味深そうにひとつひとつ眺めていました。


去年ぐらいまでは、剥製の首、石膏像…などが怖く、

彼女にしてみれば、決死の思いなのかもしれません。

 


等活地獄、黒縄地獄、衆合地獄、叫喚地獄、大叫喚地獄、

焦熱地獄、大焦熱地獄、無間地獄

 


額に掛かったレリーフの下には、

どんな罪を犯せば、その地獄に落ちるか書かれている。

 


殺生、盗み、彼女には関係ない、
邪淫、飲酒、うそ…、!!!

 


今まで、余裕だった娘の表情が…、
「きいちゃん(自分の名前)は、うそはついてないもん。あれは、そう思ったんだもん。」
「うそじゃないもん。」
と誰に言うとでもなく、弁解が…。

 

彼女には、罪に思う特定の「うそ」があるらしい。
地獄…信じているんだ。

 

……………………。
でも、大丈夫。
もし地獄があるとすれば、きっと総合評価だ。
……………………。

 

耕三寺03_広島瀬戸田.jpg


 

耕三寺04_広島瀬戸田.jpg


 

耕三寺05_広島瀬戸田.jpg 

 

 

耕三寺06_広島瀬戸田.jpg

Check

最近、引越しをしまして、私の楽しみの一つ「銭湯通い」も諦めておりましたところ、
自宅から歩いて5分ほどの場所にありました~。銭湯~。

 

ししゃしん4.jpg

 

しかも、ロッキーサウナ、塩サウナ、水風呂、電気風呂に寝風呂とデラックス。
寝風呂は枕つきでジェットバス←(これが一番お気に入りです。)
壁上方には液晶大画面のTVが設置されており、

風呂に入りながらTVが観られる・・・

ほんと進化したなー銭湯。。。

 

しゃしん5.jpg
 

この銭湯との出会い&板橋の花火大会もかなり近くで見られるので、

この街にしばらく住み続けたいと思います。

 

Check

        
半年程前になりますが、近所のホームセンターにあるガチャガチャコーナーの
前を通りがかったその時、突然シュブルッと、身体に軽い悪寒をおぼえました。その正体が「原色淡水魚携帯ストラップ」というガチャガチャの<ヌマガレイ>だという事に気付くまで、そう時間はかかりませんでした。思い返せばあれは悪寒などではなく、武者震いだったのかもしれません(トイレを我慢していた、というのもあります)。

 

sasaki1.jpg

 

早速ヌマガレイ目当てに200円を投入。


しかし現れたのは、シークレットアイテムの<産卵期のサーモン>でした。100体中に1体ともいわれるほど珍しいものらしく、本来これが当たったという事はかなりラッキーな事です。引き当てられたサーモンも、歓迎されて当たり前、スタメン確実!ともいうべき、高飛車なスタンスでゴロゴロ転がり出て来たので、私はそんな彼の鼻っ柱を折るべく、彼をヌマガレイの控えとして位置付けました。

 
sasaki2.jpg

 

(珍しいだけではスタメンは務まらない)

 

日を改めてのホームセンター再訪(※他に行くところがないんで)。


残念な事に、この日の釣果は<アユ>でした。正直、失笑をも禁じ得ない小兵の登場に呆れると同時に、ヌマガレイを手に入れるには、今後更なる膨大な投資が必要なのでは?と、心が折れかけた1日でした。(アユはカエル好きのKさんに面倒をみてもらう事に)


それから約4ヶ月。ヌマガレイへの思いを絶ち切れぬまま、やむ無く携帯からシークレットサーモンを垂らす失意の日々を送っていた私ですが、ついにその日は訪れました。奇しくも場所は、息子にせがまれ連れ立った、品川水族館のガチャコーナーからです。

 

結果はどうあれ、これで最後にするつもりだったので、おのずと力も入りました。

脱臼をも覚悟で激しくダイヤルを360度、(否、480度位だったかも)ひねると、カプセルが割れんばかりの勢いで、ヌマガレイが私の前に転がり落ちてまいりました。

 

さすがは聖地、品水です。魚の神は降りる場所を選ぶという事でしょうか。

※喜び勇み、小躍りする私に突き刺さる、息子(2歳児)の軽蔑の眼差しが痛かったです)

 

sasaki3.jpg

 

↑聖地!やはりホームセンターとはわけが違う


sasaki4.jpg

 

↑ヌマガレイ あのヌメリ感も見事に表現されてますこうまでして手に入れたヌマガレイストラップですが、1000円で買うよ、という方がいればもれなくサーモン付きでお譲りいたします。


※後で知ったのですが、このストラップ、楽天で150円位でバラ売りされていました。

Check

最終更新:2018/09/20 RSSについて

月別記事一覧