先日、あるコンペ案件で「立体切り絵」なるものを扱いました。

 

そして、なんとなく創作意欲をかきたてられ、

とある週末に画用紙とプリンタを準備。

 

ハサミやら糊やらテープやらも揃え、娘と作り始めました。

 

プリンタから出てきたのは「ポケモン」のペーパークラフト。

前にも作ったことがありましたが、

その時は半日くらいかけて、出来もイマイチ…。

 

耳が取れるわ、お腹が裂けるわ、

なかなかスプラッターな感じで大変でした。

 

さて今回は…。

 

20181022.JPG

 

3時間ほどかけて、何かいい感じではないですか!

 

この子は「イーブイ」といいまして、

数種類の別のポケモンに進化します。

 

今後、進化後の数種も全部作って、

ケースに入れて飾ろうかなんて言ってます。

 

だいぶ慣れてはきましたが、先は長そうです。

Check

突然ですが、

水拭きしても床のベトべトが残っちゃうよっ( ゚Д゚)!!

これ、私の長年のストレスでした。腰、痛くなるし。

 

そんな私に救世主が現れました。買っちゃいました。

ご紹介します。床拭きロボット「ブラバー」のブラちゃんです。

 

20181005.jpeg

 

ブラちゃんのボタンをピッピッと押せば

本当に裸足で歩きたくなっちゃうくらいのツルツルな床になるんです!

初めて使用したときは感動して、スリッパを脱ぎ捨て感触を楽しみました。

 

「乾拭き」「水拭き」両機能あるので、

掃除機からも解放してくれる。ありがとう、ブラちゃん。

 

少しずつ、少しずつ、一生懸命床を拭きあげてくれる姿は

とても愛おしく、ほんわかした気持ちになります。

その動きに母は癒されてますが、幼い娘は恐怖で逃げ惑います。

 

そんなブラちゃんは音も静かなので、

休日の午後はお掃除を任せて

家族でお昼寝させてもらってます。

 

ブラちゃん、母の頼もしい味方です。

 
Check

子どもが保育園を卒園してからもう半年。

 

サンタに鬼と出番が多かった保育園。

 

あの頃は忙しかったけど楽しかったな~と、

子ども以上に心にぽっかり穴が開いたような気持ちで

毎日を過ごしていましたが、

先日、卒園の親達が集まって出し物をする機会があったので

パパ仲間と一緒にダンスを踊ってきました。

 

グループ名は「ミドルボンバーズ!」

中年ばかりですから。。。

 

たぷたぷの体をゆさぶりつつ、

King & Princeの『シンデレラガール』を踊ってきました。

 

残念ながらメンバーが足りず5人で踊りましたが、

練習も含め楽しかったです。

(たまにトイレでも練習していました。

 そのせつはご迷惑をおかけいたしました。)

 

また、来年も頑張ります!

 

 

20180927.jpg

 

 
Check

文字が読めるようになるまでは、毎晩のように

絵本や童話を読み聞かせをしてもらっていた。

 

読んでいる母が先に寝落ちしてしまうことがしばしばあり、

そうなると私の妄想タイムがスタートする。

要は、話のつづきを自分で勝手に考える時間だ。

この妄想タイムが楽しくて仕方なかったことを、今でもよく覚えている。

 

文字が読めるようになってからは、

やなせたかしさんが編集長を務めていた

『いちごえほん』という月刊誌を定期購読していた。

 

『いちごえほん』は、子どもが投稿した詩に、

プロの画家が絵をつけてくれるという内容で構成されており、

これに感化されて、小学校低学年のころの私は、

ノートにおそまつな詩を書きまくっていた。

この雑誌は、わずか8年間で廃刊となったが、

小学校低学年の間に『いちごえほん』に出会えたことは

私にとって意義深い。

  
その後は、『いちごえほん』の大人版である
『詩とメルヘン』を高校に入ってからも定期購読していた。
あとは、月刊の文芸誌・小説雑誌をよく買うようになり、
自分好みの作家を見つけては、
その人の作品を読むということをしていた。
今でもその癖が抜けず、『オール読物』とか
『ダ・ヴィンチ』で同じことをしている。
 
今日に至るまで、幅広いジャンルの書籍や雑誌を読んできたが、
唯一ハマらなかったのが漫画だ。
これには理由がある。
ストーリーを読むと、自分の頭の中でも
ビジュアル化されるものがあるわけで、
それが漫画の中のビジュアルとマッチしないと、
読む気が失せてしまうのだ。
 
しかし、今、ここへ来て、まんまとハマっている漫画がある。
知っている人にとっては今さら感が強いと思うが、
それはズバリ『花の慶次』(作・隆慶一郎/画・原哲夫)だ。
 
慶次というのは前田利益のことで、
戦国時代末期から江戸時代初期に実在した武将のことである。
隆慶一郎による歴史小説『一夢庵風流記』が原作になっている。
史実に巧みな脚色が施され、
とにかくストーリーが面白い(この構想力は、
もともと隆氏が脚本家だったからだと思われる)。
 
その上、慶次はもちろん、登場人物の生きざまが、
いちいち魅力的なのだ。
そして、現代にも通じる人間模様や心の機微が、
繊細かつ大胆に描かれている。
これを原哲夫氏が、圧倒的な画力で見事にビジュアル化していて、
ストーリーと画の相乗効果が半端ない!(←落ち着け、私。)
 
最初は通勤時間を利用して読んでいたが、
不覚にも涙目になってしまうシーンが多々あるため、
家でしか読まないことにした。
漫画を読み終えたら原作のほうも読もうと思う。
 
 
 
ブログ用写真20180920.jpg
 
 
Check

4月に中学生になった長男が卓球部に入りました。

 

それを応援しようと卓球台を購入。

 

もともとは家族の寝室として使っていた部屋ですが、

卓球台が入り、練習場となりました。

 

学業の成績で、ある目標を決め、それを越えたら

「球出し機」を購入すると公約したところ、

見事、目標を達成し球出し機も導入しました。

 

また、BSジャパンで放映中の『卓球ジャパン!』を

家族で見て盛り上がったりしております。

 

平野早矢香さんと武井壮さんの

熱くディープな試合解説はとても面白いです。

 

卓球の成績は、新人としては、

まあ、それなりにという感じではあります。

 

長年続けているボーイスカウトにも負けず劣らず、

熱心に打ち込む様子は、ほほえましいかぎりです。

 

 

20180912.jpg

夕食後にはじまる斉藤家卓球大会

 

Check

小学校の時、体育の通信簿は、5段階評価の「2」でした。

 

とにかく走るのが遅かった。

今思えば、走り方が分からなかったんじゃないかと思います。

 

ドッジボールをすれば、背中からボールを当てられる。

少し大きくなって、バレーボールをすれば、顔面でレシーブする。

 

でも、ありがたいことに、ゴルフは、止まっているボールを打てば良い!

と、いうわけで、44歳から始めたゴルフ。

 

人よりローペースなれど、始めてから6年目までは、

それなりにスコアが縮まっていきましたが、

50歳を過ぎたあたりから、家族の介護・看取りだの、

自身の開腹手術だの、パートナーの手術だのと、

やたらと身辺騒がしく、皆さんのご理解とご協力のおかげで、

なんとか仕事と日常をこなすことはできたけど、

ゴルフのスコアアップまでは、とても手が回らず。。。

 

ああ、このまま私は二度と100切れないんじゃないか

(ゴルフの腕前の一つのものさし)

と思っていましたら、こないだ、なんの前触れもなく、

ひょっこり! とそれは訪れました。

 

8年ぶりのベスト更新ですぅぅぅぅぅぅ!!

 

その日は、なにか素晴らしく目覚ましいショットがあったわけでもなく、

単純に「大した失敗をしなかった」だけなので、

最後にスコアを数えた時に「????」となりましたが、

考えてみれば、ゴルフって、そういうスポーツなのかもしれません。

 

自分なりのペースで、焦らず諦めず、

しつこく続けていれば、たまには結果が出るものなんでしょうかね。

 

これでまた、なにがあってもゴルフを続けていく気になった、

2018年の夏でした。

 

 
20180903.jpg
 
Check

いつまでたっても終わらない今年の暑い夏・・

 

今夜も199円ビールで喉を潤して帰ります。

 

猛暑なのに痩せないのはこれのせいでしょうか。

 

20180822.jpg

 

皆様、体調管理には十分注意してお過ごしくださいませ m(_ _)m

Check

ネタを探してスマホの写真を物色したところ、

ピンとくるのは茶色いものばかり。。

 

インスタ映え逆行のような気もしますが、

ご紹介いたします。 

 

 

image01 20160801.jpeg

 

◆化石?

 

ハードな旅路がうかがえます。

10円として払おうとしたら、おや、大きいぞと。

 

 

 

image02 20180801.jpeg

 

◆ジンジャーマンクッキー

 

トライ近所のパン屋さん「パリットフワット」。

ぼさぼさしてるのは生姜の繊維です。

ガツンと辛く、1口で血流を良くしてくれます。

完全に大人仕様です。 

 

 

 

image03 20180801.jpeg

 

◆揚げ餃子 トライ近所の中華屋さん「兆徳」。

 

カリッモチッの分厚い皮に包まれた

優しい味の餃子にたっぷりの甘酢あん。

アンジャッシュ渡部氏も絶賛の味。

おかげで、なかなか入れなくなってしまいましたが、

ホントに美味しいです! 

 

 

 

image04 20180801.jpeg

 

◆元祖羽根付きたいやき 神保町の「神田達磨」。

 

甘くないサクサクの羽と上品なつぶあんのハーモニー。

ご褒美的に時々立ち寄り、店先のベンチでいただいております。

男性ファンも多そうです。 

 

 

 

image05 20180801.jpeg

 

◆アパートさん

 

茶系っぽくもないですが、、

これは確実にねらってますね。 

 

 

 

 

image06 20180801.jpeg

 

◆主人の帰りを待ちわびる愛犬

 

私だけでは満たされないのか。。 

でも逆の場合も似たような事のようです。

ほっ。。

 
Check

最終更新:2018/10/22 RSSについて

月別記事一覧