先日、ある方からいただいたメールに

「あのブックカバーに今もお世話になっています」

とあり、ある出来事を思い出しました。

 

数年前のことです。

私は、取材で愛媛県松山市に行くことに。

その際、冒頭の「ある方」から

「もし、伊予■のブックカバーを見かけたら

お代はお支払いするので買ってきていただけますか?

あくまでも『見かけたら』で大丈夫です!

色やデザインはお任せします」

と丁重なメールをいただきました。

 

お仕事でお世話になっているのと

とても尊敬している方ということもあり

私としては「絶対に見つけて

必ず喜んでいただきたい♪」と張り切ったわけです。

 

(これはミカンだけど、こんな感じかな?)

 190711-02.jpg

 

(これは夏ミカンだけど、こんな感じかな…?)

 190711-03.jpg

 

などなど、いろいろなブックカバーを妄想しました。

松山には、仲の良い友人がいるので

「探すのを手伝ってもらおう!」

と勝手に人員も手配しました。

 

数週間後―。

松山での取材を無事に終えた私は

松山在住の友人を呼び出し

2人で本屋さんや雑貨屋さんをめぐりました。

行く先々で店員さんをつかまえ

「イヨカン柄のブックカバーありませんか?」

と、何の疑いもなく尋ねまくりました。

ところが、イヨカンどころかミカンの柄のブックカバーすら見当たりません。

 

すっかり日も暮れ、私も途方に暮れました…。

「伊予国(いよのくに)なのに、なんでイヨカン柄が全然ないんだよぅ」

と私が不貞腐れていると、友人が、

「でもさぁ、その人は何を根拠に、愛媛にイヨカン柄のブックカバーがあると思ったんだろう。だって私、愛媛に住んでるけど見たことないよ。どこかで見たことがあるとかメールに書いてなかった?」

と言いだしました。

そこで、私はスマホを開き、メールの文面を友人に見せたところ、

友人が目を見開いて、こう言うのです。

「イヨカンじゃなくてイヨカスリじゃん!!」

「へ…? イヨカスリ??」

と、慌ててメールの文面を読み返すと、そこには確かに

「伊予柑」ではなく「伊予絣」と書いてあるではないか!!!

空耳ならぬ空目ってやつです。

 

友人と2人で息ができないほどゲラ笑いしたあと

友人が「伊予絣会館に行けば間違いない!

明日、朝一でそこに行けば大丈夫!」

とアドバイスをくれました。

 

こうして私は、翌日、無事に、

ポップなイヨカン柄とは正反対の

シンプルでシックなデザインの

伊予絣ブックカバーを手に入れることができたのです!

 

(伊予絣とはこんな感じの織物です。ご参考までに)

 190711-01.jpg

 

「絣」という漢字を正しく読めた友人に感謝。

イヨカン柄のブックカバーに出会わなかったことにも感謝。

おかげさまで、尊敬する人に呆れられずに済みました…。

 

おしまい。

Check

ちょっと前ですが、ロックバンドQUEENの映画「ボヘミアンラプソディ」をシアターで見てきました。

懐かしい楽曲を、劇場のヘビーな音響と、クリアBIGなスクリーンで堪能。

映画に触発されて、押し入れで寝ていた我が家のギター達を、久々に出してみました。



じゃーん。



1◆Bメイギター【高野】.jpg



1本目は、QUEENのギタリスト、ブライアン・メイの「レッド・スペシャル」。

このギターはB・メイ氏がまだ16才の頃、父親と2人で

部品1つひとつから2年間かけて自作したそうです。

理系の彼は、天文物理学者でもあり「黄道光」を研究した

[黄道塵雲における視線速度の調査]という論文で博士号を取得。

最近知ったんですが、彼が作詞作曲した「39・サーティナイン」は、

単なるカントリー・ラブソングかと思ってたんですが、

地球と宇宙を舞台にしたSF的な曲だったんですね。


 >・・・人間が新たに住める星を探すために集まった志願者たちが

 >宇宙で一年間の旅をしている間に、地球では何倍もの月日がたっており、

 >彼らが帰ってきた時にはすっかり地球の姿は変わってしまっていた・・・



こんな歌詞を1975年=約45年前=に作り、

「宇宙戦艦ヤマト」や、SF映画「インターステラー」的な地球救済の勇気と、

ブラックホール&相対性理論の「ウラシマ太郎効果」な

「承知しながら避けられない家族同士が死別する悲哀」を謳い、

曲調では、宇宙から見た地球を、故郷・田舎として懐かしみ、

家族を愛するカントリーソング調で歌っている・・・。



いやー、すごい人がいるもんですねー。

英語、読み取れなかったー。勉強しなきゃー、ですね。

そんな尊敬の念もあり、買った1本、レッドスペシャルでした。





さて、次のギターは・・・・
















じゃーん。



2◆ギター2本とお茶【高野】.jpg

さっきの「レッドスペシャル」、実は、ペットボトルくらいの大きさで、我が家の「お守り・お札」でしたー。

本物は、いつか、また。

2本目のギターは、誕生日にいただいた鉄製のカエルのギターです。楽しく眺めています。





そして、次は・・・我が家のギター、全員集合ー。

じゃじゃじゃじゃ~ン。





3◆ギター6本【高野】.jpg




(左から)

フォークギター:音が大きくて、最近、都内では近所迷惑になるんで、あまり弾けませんねー。

エレキギター :うわー、こんなに重かったかー?! あー、歳ですね(笑)。

ギタレレ   :ギターとウクレレのアイノコ。本来は、ウクレレと同じ5度上の高い音階で調弦するそうです。

ウクレレ   :乾いた、カワイイ音。これからの夏向け。何より、腕や肩に重くないのが良いです。





ギターのお話でしたー。

それでは、またー。

Check

実家(岩手県の盛岡市というところ)に帰ると

特に行き先は決めずに、山の方へブラブラと出掛けることが

多くなりました(歳なんでしょうか)

都心では見られないような景色を堪能したり

 

写真①枚目20190528.jpg

 ( 八幡平、岩手~秋田にまたがる奥羽山脈の山群、4月後半でも雪がまだまだ残っています)

 

 

運が良いと野生動物との

思わぬ出会いがあったりもします。

 

 

この日は野生の日本カモシカに遭遇しました。

こちらの存在に驚いたのか道路脇の急斜面を

一瞬で駆け上り木陰から様子を伺っているようです。

 

 

お!これは珍しい。

早速カメラを構えました。

 

パシャパシャ

 

 写真③から⑧枚目共通20190528.jpg

 

パシャパシャ・・・

 

 写真③から⑧枚目共通20190528.jpg

 

パシャパシャ・・・・・・

 

 写真③から⑧枚目共通20190528.jpg

 

パシャ 、、

「う、動かねぇ。。。」

同じ絵しか撮れません(枝も邪魔だし)

※面倒なので写真は使い回しております。。。

 

 

う~ん、かなり警戒しているようですね~

ちょっと奥の手を使ってみましょうか。。

 

 

①「どーでシカ?」( パシャパシャ・・・ )

ずばり『シカ語』です。

 写真③から⑧枚目共通20190528.jpg

カモシカ「・・・・・・・・・・」

 

②「調子はどーでシカ?」( パシャパシャ・・・ )

 写真③から⑧枚目共通20190528.jpg

カモシカ「・・・・・・・・・・」

 

何がいけないのか分かりませんが(たぶん全部いけない、、)全く反応がありません。

が、めげずに撮り続けます。

(①~②を5回ほど繰り返し)

 

 

「どーでシカ?」( パシャパシャ・・・ )

 写真③から⑧枚目共通20190528.jpg

 カモシカ 「はい」(幻聴)

 

 

「お!反応ありか?.....い、いや、幻聴か...」

 

不毛なやりとりに耳までおかしくなってきた模様。。

 

・・・ふと思い出しました。

普段から偉そうに子供に言い聞かせている言葉を。

 

 「相手の立場になって物事を考えなさい」と。

・・・カモシカの立場になってみるとこの状況は、、、

 

『黒い変なの(カメラ)持ったオッさんが、ブツクサ話しかけてくる声掛け事案発生中』

ということになります。。

 

これは悪いことをしたもんです(反省)

 

カモシカの撮影はあきらめ移動する事にしました。。。

 

しばらく車を走らせていると、、、

 

今度は牛のような柄が可愛らしい

雑種犬が現れ吠え倒してきます。

近所のお宅で飼われている番犬くんとのこと。

(近くにいたおじいちゃん情報)

 

しかし「番犬=門番」というには守備範囲が広すぎるのか、、、

 

守るべき玄関先のエリアをガラ空きにし

写真のように道路まではみ出して来ちゃいます。

 写真⑨枚目20190528.jpg

(おいおい、 ここで吠えてもご主人様に届かないぞ!

という距離まで出てきてしまう・・・)

 

サッカーで例えるなら、ゴールキーパーが

長友選手のあたりにいるようなものでしょうか。。

 

・・・ところで番犬というと

 

『敷地またぐな!見つけ次第即通報します。 〇〇管理事務所』

といったよくある注意書き看板の警告を地でいくような

猛烈キャラを想像しますが、この子の場合どうも

そのピリピリ感が伝わって来ないというか、、、

 

「〇〇やってみた」動画風なノリで

「車通ったから吠えてみたwwwwww」

と、むしろ悪ノリ半分で楽しんでいるような印象さえ受けます。

 

「エンジョイ系」ともいえる新しい威嚇スタイルなのでしょうか。。。

時代と共に番犬の在り方も変わってきているのかもしれませんね。

 

↑ 何しろ吠えまくる!

相当なテンションです。

電動工具を手にした森泉さん、、あるいはそれ以上か。。。

 

・・まあいずれにしても急に押しかけて来た珍客を警戒するのは当たり前のこと。

人間である私の方が「逆シッシッ」されたというわけですが、、、

門番として機能しているかどうかはさておき、

私の姿が見えなくなるまでひたすら吠え続ける

実直な番犬業務にはただただ頭が下がります。

 

「休日?ありまへんな、番犬ちゅうのは。どブラックですわ(ン)」

 

・・などと犬界隈でささやかれているのかどうか...は定かでありませんが

誰かが、何かが、通るたび休むことなく働いているのでしょう。

 

・・・と思いきや

 

驚いたことにグーグルマップ上では

玄関先の地ベタにてベッタリとまどろむ番犬らしからぬ

無防備な姿を披露しておりました。

 写真⑪枚目20190528.jpg

...この日は「非番」だった、ということでしょう ( 番犬にも休日はあったようで。。)

 

それにしてもグーグルの撮影車には心を許しているようで...

 

もしかして、吠えられているのは私だけなのかも知れません。

Check
ヨリモトです。
 
 
GWに京都へ帰省した際、姪と久しぶりに出かけました。
京都駅周辺のショッピングセンターやファッションビル、
その後、鴨川へ散歩に行きました。
 
当日は、あいにく曇り空でした。
写真は、四条大橋から鴨川を撮影しました。
 
 
鴨川20190520.jpg
 
 
姪からは、雨男と言われ続けております。。
(ちなみに、姪は晴れ女です。。)
 
 
本当に楽しい一日となりました。
 
が、5月に入り、体調が急変して寝込むことに。。
GWギリギリまで京都でダウンしてました。
(ちなみに、姪に看病してもらっておりました。。)
 
 
家族の有り難さをしみじみ感じたGWとなりました。
 
 
Check

連休があまりにも長いため、

相当腰の重いわたくしめも世間様に煽られ、

どこか出かけなければ という気になってしまい、

自分より腰の重い嫁さんを煽ったり

一人娘(わんこ)をシッターさんに預ける手配をしたり…。

 

で、行先は、

人の多いとこはいや

一泊だけ(とにかく犬が心配)

どうせならうまいものが食べたい

お金かけたくない

…うーん。

 

で、名古屋から東海道本線と養老鉄道(Good!)で一時間。

 

 

養老天命反転地!!!

 

 

写真1 20190517.jpg

 

 

とにかく入り口でヘルメットとスニーカーを貸してくれるほど危険な場所です。

真っ直ぐ歩けません。

ちょっと気持ち悪くなります。

滑落者あり(数名)。

落とし穴あり(落ちたらマジでられません)。

絆創膏求め案内所に列が…。

 

 

写真2  20190517.jpg

 

写真3  20190517.jpg

 

写真4  20190517.jpg

 

写真5  20190517.jpg

 

写真6  20190517.jpg

 

写真7  20190517.jpg

 

 

写真を見ても何が何だかって感じですが一応アート…です。

養老鉄道利用で入場無料。

 

※より詳しく知りたい方は

 

https://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/  

 

ここから1キロぐらい山に登ると「養老の滝」(!本物の)があります。

 

写真8  20190517.jpg

 

 

ここまででほぼ夕方。

夕食にえびふりゃー、

朝食に小倉サンド、

昼食にひつまぶし、

でミッションクリア。

 

帰ったらわんこがストレスで下痢してました とさ。

 

お疲れ様。

Check

恒例行事となった我が家の“サプライズ! 手作りプレゼント”。

 
舞台は、町田のとある陶芸教室が開催している、
アートクレイシルバー(銀粘土)を使ったアクセサリー教室。
 
今回は少々ハードルを上げて、
“自力でアクセサリー作り”を体験してきました。
 
まずは、この日のために考えたデザインをもとに、銀粘土で形作りと模様入れ。
父は、次女が周りにある陶芸品(商品)を足蹴にせぬよう寝かしつけ。
 
次に、模様と形が整った粘土を
ドライヤーで乾かして削って、ドライヤーで乾かして削って、
徐々に固まるまでの間繰り返し…。
 
20190517-01.jpg
 
……と、抱っこ紐で微睡むちっちゃい恐竜が突然の目覚め&遠吠え(号泣)!
ペアリングを作成していた隣のカップルにご挨拶。
そして父と共にお外へ退場。
 
デザインも仕上がり、次の工程は本格的に熱を入れるため、
ミニサイズの焼き窯へ。
約10分後…………。
焼き上がった粘土は真っ白のカッチカチに。
 
その後、鉄のブラシ→棒やすり→電動のやすり
と削っていくと……、見えてきました! 銀の色!
 
作業に没頭している長女の姿をみて、
父の心境は、その成長に感動………、
 
……ではなく、「長女よ・・・、妹が限界だ。。」
 
そんな父の心の叫びが届いたのか、いよいよラストの仕上げ。
 
そしてついに完成!!
多少のゴツゴツ感は後で店員さんに直してもらいましたが、
小学3年生が1人で作ったにしては、親バカながら200点満点!
 
母の日にしては、大分フライングではありますが、お母さんにも無事お届け!
 
20190517-02.jpg
 
長女よ「グッジョブ!!」
そして次女よ「長時間よく我慢した!!」
 
そして、今回の父娘の珍道中で感じました。
毎日奮闘する母親に、「偉大です!感謝しております!」
Check

 先日、わが家に妖怪がやってきたので、ご紹介しますね。

 

 

20190418_yokoo.jpg

 

 

日暮里の名物、妖怪大福で〜す! \(^O^)/

 

(。・・。)(。・・。)

 

おまえたち、そんなに見つめるでない…。

食べられないではないか。

 

だがしかし、食わねばならぬ。。

 

おまえたちのことは忘れない。

 

いざ、  ぱくり。

 

 

うまーーーーーーーーー(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

餅はもちもちだし(←和菓子屋の餅だから)

餡子と苺のバランス最高!

おいっしいいいい!

 

続いてチョコバナナ。

うんめーーーー!

クセのない白餡が合う! 何コレ? もはや洋菓子?

 

 

もう一度いいます。

 

(お腹の底から) おいっしいいいいいい!!

 

 

彼らは今日も、

日暮里にある和菓子屋さん「江戸うさぎ」で、

わらわらしていることでしょう。

 

季節ごとに、出会う妖怪は変わります。

夏の水まんじゅうも、心震える可愛いさです。

 

妖怪ちゃん、またね〜。

Check

「尾張名古屋は城でもつ」

 

愛知県民以外の方でも聞いたことがあるフレーズだと思います。
 
名古屋市は濃尾平野の中心、愛知県の中心都市で日本でも有数の大都市です。
古く江戸時代は尾張徳川家の名古屋城を中心に西ににらみをきかす拠点でした。
街のつくりも名古屋城の城下町を基礎としており、南北に走る大通りと、東西に走る大通りを中心に、碁盤の目のように整った街並みを有します。
 
当然、江戸時代の中心は名古屋城を中心とした城下町で、現在の「栄」を中心とした久屋大通界隈です。
この名古屋城ですが、名古屋台地と呼ばれる台地の上にあります。
 
地盤のしっかりした台地の北の縁に立っているのが名古屋城。南の縁に立っているのが三種の神器「草薙の剣」で有名な「熱田神宮」です。
この名古屋城と熱田神宮を結ぶ線が、久屋大通となっているわけです。
 
清須大返しと呼ばれたそれまでの中心地、清須を名古屋へ大移動した遷都から約400年。これまでの中心地であった栄に異変が起きていました。
 
400年続いた老舗百貨店「丸栄」の閉店です。
 
今、全国で起きている百貨店の衰退。
その大波が遂に名古屋の老舗デパートを飲み込んだのか、人の嗜好はもはや戻らない地点にきているのだなと、感じさせられる出来事でした。
しかし、同じ百貨店でもJR駅に隣接する「高島屋」などは増益です。
はて? 人々の嗜好が変わったのでなければ、いったい何が起きているのでしょうか?
 
答えは、街の中心の移動です。
 
今から150年前、江戸幕府が終わり、文明開化の夜明けとともに明治政府が推し進めた「鉄道敷設」。そのあまりに急ピッチな改革に土地の買収もなにも追いつかず、おおよそ鉄道駅は街の中心地から外れた土地の確保しやすい場所に設置されていきました。
 
駅と町の中心は相反関係にあります。
では、何故今、それまでの街の中心地に立つ百貨店が没落し、駅に隣接する百貨店は増益なのか。
どうやら、街の中心(人々の活動の中心)が「駅」に寄ってきているようなのです。
これはなにも大都市に限ったことではありません。
今や地方の都市は駅に利便性を集約し、コンパクトシティ、スマートシティ化しています。
 
150年かけて「駅」が昔の「城」に置き換わったのです。
 
今後ますます「駅」の重要性が増し、あらゆるトレンドや情報が「駅」を中心に発信されていくことになるでしょう。
全国にさきがけて、その縮図のような現象が「名古屋」にあらわれているのです。
 
それまでの名古屋の中心地であった「栄」の没落に比べ、「名古屋駅」のなんと洗練された街たることか。
まるで東京丸の内を歩いているような気分になりました。
 
歩道の道幅は広く、高層ビル同士が上層階でも横につながり、横移動が簡単にできる。
これはコンパクトシティが駅を中心にペデストリアンデッキで道をつないでいる構想とまったく同じです。車の往来を気にしなくて良い、まさに人中心の街づくりなのです。
 
今後の商業の中心が「駅」に寄ることが分かった以上、これからの商売の構想は「駅」を中心に考えて行くことが有効なのかもしれません。
 
 
今村20190219.jpg
Check

最終更新:2019/07/11 RSSについて

月別記事一覧