少し前に、栃木県にある大谷資料館へ行って来ました。

 

ここでは大谷石の地下採掘場跡を見学できます。

 

大谷石は、塀や門柱、石灯籠など、

身近なところで使われている石です。

軽石のようにゴツゴツしていて、ぶち模様があるのが特徴です。

 

駐車場は大谷石の巨岩に囲まれ、その割れ目に木や草が入り組み、

荒々しい岩を縁取るように生えています。

所々に大きな横穴があり、

年季の入った謎のキャラクター地蔵が微笑んでいます。

 

この辺りからもう、軽く異世界感が出ています。

 

敷地の門の近くには、

終わりかけの八重桜がふわふわとゆれています。

門を入ると両脇は草木に覆われた崖のようになっていて、

春の山の、素朴な花たちが迎えてくれます。

 

ゆるやかな傾斜を登っていくと、空気がひんやりしてきました。

山なんだなあと思ってさらに進むと、空気はさらに冷たくなり、

資料館入口へ着いたときには

これからの寒さが心配になるくらいでした。

 

時が止まったような資料館の、地下への階段を下っていくと、

空気はひんやりと沈んだようになっていきます。

 

180524_01 - コピー.jpgのサムネール画像

 

階段のカーブの先には、巨大な地下空間が広がっていました!

 

180524_02 - コピー.jpg

 

これが本物のダンジョンか〜、とため息がでました。

行ったことはないけれど、ピラミッドの中のようでした。

 

180524_03 - コピー.jpg

 

180524_04 - コピー.jpg

 

途中までが手掘りで、途中から機械掘りになり、

壁面の質感ががらりと変わります。

機械堀りもすですが、手掘りって!すごくないですか?

 

180524_05 - コピー.jpg

手掘り

 

180524_06 - コピー.jpg

機械掘り

 

天井や壁に白い綿ぼこりのようなものがありました。

これは石の華といって、塩分の結晶だそうです。

夏には見られず、冬に満開?になるそうです。

 

180524_07 - コピー.jpg

石の華

 

地下にいると、地上の光が、はっとするほど鮮やかです。

 

180524_08 - コピー.jpg

 

この地下採掘場跡は、映画やプロモーションビデオのロケ地として、

よく使われています。行ってみたら、なんか見たことある!

という場所があるのではないでしょうか?

 

近年、大谷石はその美しさが再評価されているそうです。

資料館併設のカフェでは大谷石を活かしたインテリアも楽しめます。

 

ちなみに、大谷石は旧帝国ホテルの内外装に使われました。

約40年ほどで建て替えとなりましたが、素敵な建物だったようです。

 

大谷石は耐火性に優れていますが、

水分には弱く、風化しやすい特徴があります。

 

そういう課題もあるなかで、

今後どんなふうに使われていくのか気になるところです。

Check

小中学生の就きたい職業に

「ユーチューバー」がランクされるようになりました。

 

かく言う我が家でも、5歳の息子にとってHIKA★INは神であり、

先日ついに「ユーチューバー」デビューを果たしました。

 

勝手に父の携帯で動画を撮り、

アップするようせがまれていたものです。

 

ひとりで撮ったにしてはなかなかのデキで、

おかげさまで視聴回数30回突破しました(笑)。

 

本人は視聴回数が増えればお金をもらえると思っており、

姉の容赦ないレクチャーにより

その夢は木っ端微塵に吹き飛んだかと思いきや、

最近では、自分で毎日何回も見ると言い出す始末です。

 

ご興味のある方は「仕事の依頼」とともにメールいただければ、

アドレスを返信いたします。

父としてもまだまだ収入を抜かれる訳には参りません。

 

ご連絡お待ちしております。

 

 

20180510.jpg
Check

こんにちは、企画営業2部週末ジョガーの森田です。

 

私の趣味といいますか、精神衛生上の安全装置として

ジョギングが習慣づいています。

 

週末にちょろちょろ走るレベルの代物ではありますが、

道楽として楽しむにはそれぐらいがちょうど良いのです。

 

そんな私ではありますが、

今年の日本記録誕生に沸いた「東京マラソン」と、

出身地で開催される「静岡マラソン」のフルマラソンに、

2週連続で出場してきました。

 

今回はそのご報告です。

 

東京マラソンといえばエントリーの倍率の高さが話題になるなど、

そもそも出場するのが難しい大会です。

 

毎年、抽選結果発表日には、

SNS上で喜びや悲しみの報告が入り混じり、

もうそれだけでドラマが展開されているかのよう。

 

しかし、東京マラソンには、一般エントリー以外にも

参戦する方法があることをご存知でしょうか。

 

その一つが、各都道府県の陸上競技協会から

推薦で出場する「準エリート」と呼ばれるものです。

 

フルマラソンの持ちタイムが、

2時間55分を切るなど条件はあるのですが、

今回、出場する機会をいただけました。

 

普段の練習の感覚から、

 

・最低限:2時間50分

・無難に走って:2時間45分前後

・上手いこといけば:2時間40分切り

 

といった具合で目標タイムを設けて大会当日を迎えました。

 

当日の気象条件は、暑すぎず寒すぎずで絶好のマラソン日和。

緊張感よりも、東京マラソンを走るわくわく感を抱え、

いざ東京の街中へ駆け出したのでした。

 

スタートしてから最初の数キロは、

タイムの感覚がつかめず早くなりがちなのですが、

一向にタイムが落ち着いてきません。

 

1キロあたり3分40秒前後のペースで進んでいました。

(3分45秒ぐらいにペースで2時間40分を切るような感じです)

 

道中、都心の道の真ん中を走る楽しさを味わいつつ、

心の中では

「まずいな、これだと最後まで足が持たない、ペースを落とさなければ」

と思いながらレースは中盤までやってきます。

(あとからタイムの推移をみると、

 この時の心境が如実に反映されていたのでした)

 

ハーフを過ぎたあたりで、身体の調子を顧みたところ、

どうやら行けそうだと決断し、そこからペースを上げていきました。

 

あとは我慢、ひたすら我慢、ビル風がつらくても我慢・・・。

我慢の連続の果て、2時間37分5秒で

見事、目標を達成することができました。

 

が、しかしこれはまだ半分が終わったにすぎません。

 

筋肉痛が和らいできたところで迎えた次の週末。

やってきました、静岡マラソン。

 

思い返せば半年ほど前、奈良の知人から

「2時間40分を切りたいから一緒に走って」

と連絡を受け、

「東京マラソンがあるので20~30キロぐらいまででしたらいいですよ」

と安請け合いしたことにより始まった今回の荒行。

 

口では憎まれ口をたたきますが、わざわざ静岡で集まる間柄、

久々に一緒に走れたので楽しいひと時を過ごしました。

 

さて、結果は途中トイレに立ち寄りながらも、

今回の旅の相方を25キロ過ぎで置いていき、

最後は気持ちだけで2時間39分切りのゴール。

 

本当に長くつらかった、

東京に比べ全てを出し尽くした42.195キロでした。

 

だって相方がいなければ東京の翌週ということもあり、

頑張る理由がないのですから・・・。

 

何かに取り組む際、改めて目標や理由を持つことの

大切さを学んだ2週間、しかしそれ以上に

「2週続けては参戦しない」と誓った2018マラソンシーズンなのでした。

 

 

 20180404 1.jpg 

Check

今年も、ほしいも日本一を決定する

「ほしいも品評会」に行ってきました!
 
ご覧ください、このにぎわい!! 
 
品評会全体.jpg
 
行列.jpg
 
有識者による予選を勝ち抜いた
3部門15品のほしいもたちが一堂に会し、
2000人の一般客の投票で雌雄を決します。
    
試食投票_修正.jpg
 
べに2.JPG
 
上の写真のように、お客さんは試食したつまようじを
「ふつう」「おいしい」「すごくおいしい」の
いずれかに投票します。
 
単純なようですが、これが意外と難しいのです。
次に試食するお客さんが後ろに並んでいるので、
ゆっくり検討している時間はなく、
当然、1回ごとに水などで口の中をリセットする時間もなし。
 
したがって、投票には一瞬で味と食感を吟味する
高い集中力と潤沢な唾液が必要です。
 
今後、投票する機会のある方は、
事前にしっかり水分を取っておくとよいでしょう。
 
 
それでは、最高賞である「金賞」に輝いたほしいもをご紹介します。
 
こちらが「べにはるかの部」金賞。
(平干しと丸干しの写真です)
 
平干し1.JPG
 
丸候補1.JPG
 
  
次に、「たまゆたかの部」金賞。
(平干しと丸干しの写真です)  
 
平干しアップ.JPG
 
丸アップ1.JPG
 
 
色の違いは品種によるものです。
 
最近のべにはるかは、ハチミツをそのまま食べているかのような
強い甘さを表現できるようになりました。
 
一方、たまゆたかは、まろやかな甘みでたくさん食べても飽きません。
 
今年はお付き合いする農家さんが増えたこともあり、
購入量が70㎏を超えました。
 
さすがに消費しきれないと判断し、
何人かの方に買っていただいています。
(マージンは取っていません。念のため。)
 
来シーズンは少しセーブしようかと思いますが、
それでも50㎏は超えるかと。
 
ほしいも愛は、まだまだ続きます。
Check

冬休み中に実家の近くで撮った写真ですが、

鳥の名前が分かりません。

 

写真①0131.jpg

 

(※モザイク部分はハトをお食事中ということで、、、)

 

気になったもので、ネットで「猛禽類」「タカ」などの

ワードで画像を検索してみたところ、

鳥素人には見分けがつかない似たり寄ったりの

鳥類がいくつも存在するようです。

 

その中から写真の鳥を特定するには、

羽の模様や各部位の形状から

僅かな違いを識別せねばならず、、、

なかなかの時間と労力を伴う作業です。

 

しかしながら、小学生時代を全盛期の宗兄弟と共に

駆けぬけた世代としては、鳥の1羽や2羽見分ける程度のことは、

茂氏(兄)と猛氏(弟)を見分ける過程で培った

目利き力をもってすれば、そう難しいことではないだろう、

とタカをくくっていたのですが、これがまあ手ごわいのです。

 

例えば、羽の模様が明らかに違うものは

候補から外していくのですが、

ややこしいことに猛禽類のほとんどが、

幼鳥/成鳥の時期や、オス/メスで

その模様が違ったりするため、

当初は見た目が全然違うからと除外していた種類の鳥も、

条件次第では

 

「鳥(チョウ)ーッス!...写真の鳥、

 もしや幼鳥時代の自分かも知れないっす。」

 

とばかりに、どうにか確定しつつある候補枠内に

バサバサと飛び込んで来るもんで、

調べを進めるほどに、絞り込むつもりが

逆に増えてしまうという珍事態に陥ってしまうのです。

 

さらには、これに違いないと思った鳥を調べてみると

「ハトを捕食することはありえない」との記述が出てきたり、

そもそも時期的に日本にいるはずがなかったり

(渡り鳥で海外へ移動中)と、

調べては振り出しへ戻る、の繰り返しで遅々として進みません。

 

らちが明かないのでこれだけは使うまいと決めていた

「ネット掲示板」を頼って質問してみたところ、、、

 

Q:この鳥はなんですか?(15:05)

A:過眼線と顎線が明瞭ですね。

  これはタカ目タカ科の「ノスリ」です。(17:00)

Q:ありがとうございます、ベストアンサー差し上げます(17:15)

 

と、半日もたたぬうちにあっさりと正解をいただきました。

(初めからこうすれば良かった、、

 それにしても鳥類マスターの知識たるや!)

 

ちなみに「ノスリ」は、(諸説あるようですが)

鷹狩に使いものにならないことや、

猛禽類の中でもそこいら中にいる鳥、というマイナスイメージから

「糞鳶(くそとび)」や「馬糞鷹(まぐそだか)」という、

今にもPTAが怒鳴り込んできそうな

ひどい別名を付けられているそうです。

 

鳥の気持ちは分かりませんが、

気を落とさずに頑張ってもらいたいです。

 

“糞鳶”ことノスリ  なかなかのイケメンなんですが、、、

 

写真②0131.png

 

“馬糞鷹”という別称は

この「チョウゲンボウ」という鳥に対しても使われるそうで。

ひどいもんです。

 

写真③0131.jpg

 

Check

こんにちは。

 

常日頃、一般の方に分かりやすいIT表現を模索しつづけている

電子メディア室のIです。

 

今回は分かりやすさについて、

自分なりの考察をまとめたいと思います。

 

◆本物とは?

本当に美味しいものとは? 実際食してみないこと分かりません。

しかし人は経験に沿って一定の基準を持っています。

「お店が激戦区にある」。だから美味しい。

「ホームページが綺麗」。だから信用できる。

など。

 

最近はこれに、他の人が評価した評価軸が入ります。

「★3つです」ほほう!これはちょっと気になる。

「★1つです」やめた方がよさそうだ。 

これをレコメンドと呼びます。

 

他人の評価を購買部分に設置できないサイトは効果が上がりません。

アマゾンや楽天、booking.comが

正規店より優れているのはそのためです。

 

◆高級品は分かり易い?

有名ブランド→しっかりしている。壊れない→高い。

ベンツ→壊れない、速い→怖い。

キャビア→とてつもなく美味しい、手に入らない→高い。

 

◆高級品にも分かり易さが必要な時代になった?

情報があふれ、身近なスマホで瞬時に比較ができる時代です。

高級品にも分かりやすさが求められるのかもしれません。

 

 

あまり深くない内容で申し訳ありませんが、そろそろ本題です。

 

デジタルには置き換えることのできない本物の価値を確かめるべく

キャビアに挑戦しました。

 

箱は桐箱よろしく、とても重厚な作りです。

中身を取り出して一口。

「?」

想像とちがい、美味しくありません。

もう一口。

はっきり言います、マズイです。

 

つくづく先入観は恐ろしいなと、

キャビアの美味しさをつづったブログを

検索しまくる自分でありました。

 

P_20170614_210402.jpg

 

 

P_20170614_210611.jpg

 

 

P_20170614_211037.jpg
Check

みなさま

 

明けましておめでとうございます。

 

2008年から始まったこのブログも

今年で10年目、私は10回目の登場です。

 

昨年もあっという間の一年でした。

また一年登山に行けませんでした。

お医者さんから3㎏減量の指示。

 

元旦は恒例の河口湖へ。

快晴、富士山がきれいです。

今年はかなり寒い。

気合を入れて朝5時から走ります。

 

  

2018富士.jpg

 

 

なんとか河口湖一周。2時間以上かかりました。

少し全身が活性化してきたような気がします。

 

今年のテーマはチャレンジ。

 

ますます充実したトータル&ワンストップのサービスで

みなさまのお役に立てる一年にします。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 
Check

今回のタイトルは、「超速スピナー」と悩みました。
いつもながらどっちでもいいですね。藤田です。


友人たちが、誕生日プレゼントのおまけに

ハンドスピナーをくれました。

 

間違いなく、彼らが一度やってみたかっただけです。
(ちなみにメインは焼酎でした。幸せです)

 

せっかくなので回してみると、これが意外とクセになる感じ。

動かしてみた時に手に伝わってくる振動が
「あ、今なんだか自分が回転を維持している・・・?」
という感じ。

あれが良いのかもしれません。


結果的に、帰り道で回して写メるくらいには気に入ってしまったので、
なんとなくオススメ?です。

 

一家に一台、ハンドスピナー!

 

 

※当初は「バーベキューに行った夜、締めはアコギと共に唄う

『TRUE LOVE』だった」という話を予定しておりましたが、

あまりにもオッサンくさいので見送らせていただきます。
 

 

20171019.JPG
Check

最終更新:2018/05/25 RSSについて

月別記事一覧