「芸術の秋」というわけではないのですが、
先日、目黒にある庭園美術館へ行ってきました。

 

何度も行ったことがあり、好きな美術館のひとつですが、
今回の企画展は建物自体で
いつもは公開されていない部屋が観られたり
いつもは禁止されている写真が撮れるということだったので、
これは是非とも! と撮りまくってきました。


okamoto1.JPG

 

 

okamoto2.JPG

↑正面玄関にある、このガラスのレリーフを見ると
 「庭園美術館に来た」って感じがします。

 

okamoto3.JPG

↑撮影可というだけあって、すごく混んでいました。
 これは、奇跡的に人が少なくなった瞬間。

 

okamoto4.JPG

↑アール・デコの食器や装飾品もいろいろ展示されてます。

 

細部までこだわった装飾のこの建物、
美術館になる前は人が住んでいたと言いますが
緊張して住みづらくなかったのでしょうかね。
私には無理だなぁ。


ちなみに庭園美術館、11月1日からリニューアルのため休館するそうです。
リニューアル・オープンは「26年中をめざしている」とのことで、3年後…。
このブログを書いているのが28日、あと3日しかありませんが、
ご興味のある方は今のうちにどうぞ〜。

Check

 

こんにちは、営業担当・知花です。
本日はお一つ、私の今年の大切な出会いとなった勉強会を
ご紹介したいと思います。
 
皆様、「営業部女子課」という集まりを皆様ご存知でしょうか?
こちら、(株)ベレフェクト代表、太田彩子さんが運営されている
女性営業向けのコミュニティです。
 
月に1回、女性営業向けの勉強会を開催されているのですが、
いつも申し込みと同時に応募殺到!の大人気の会。
念願叶って、今年6月私もついに参加することができました!!
 
会では参加者同士、ワークショップを通して、
お互いに課題や悩みを相談・アドバイスをもらったり・・・と、
とっても熱い時間を過ごしました。
業種は違えど同じ女性。立場もお客様先も違いますが、
大切にしたいことや課題に感じることは共通なのだな・・・としみじみ。
皆さんの取組みや頂いたアドバイスでしっかり学ばせていただきました!
 
 
こちらは勉強会の風景↓ 参加者全員でワークに取り組んでいます。
 
chibana_blog_1014.jpg
 
出典元:太田彩子さんブログ http://ameblo.jp/belleffect/
 
 
ふと書店で手にした太田さんの著書をきっかけに、会を知って参加させて
いただきましたが、太田さんや参加者の方々とは、この会をきっかけに
この後も交流が続いています。
 
これからもこの学びをきっかけにお客様への営業力、提案力を磨いていきたいと
思います。皆様、どうぞよろしくお願いいたします!
Check
ライターの那須です。
 
原作を読んでから映画を観ると「あれ?」となったり
テレビや映画で観た景色を実際に見ると「あれれ?」と
なることが非常に多い私。
 
ナイアガラの滝なんて
実物を目の前にしながら
「ナイアガラの滝はどこですか?」と
ガイドさんに質問したこともあるくらいで…。
(私の想像よりも遥かに小さかったのです)
 
質問し終えたと同時に、一緒にいた父親に
頭を小突かれたことを覚えています(^^;)。
 
想像力?妄想力?が豊かなのも一長一短です。
 
そんななか
箱根・彫刻の森美術館で
私の想像を越えるものに出会いました。
 
これ ↓ 。
111001_1106121.jpg
作品名:「嘆きの天使」
作:フランソワ=ザビエ&クロード・ラランヌ
 
 
フランス人彫刻家夫婦の作品です。テレビや雑誌で見たことはありましたが、実物のほうがずっと良かった。この作品にだけ妙に心惹かれたので、あとで調べてみると、他の作品もスゴクいい!動物がモチーフになっているものが多いのですが、どの作品からも温もりを感じます。ラランヌ展なるものが来日したら是非行きたい!
 
ちなみに、後日いろいろ調べたラランヌ作品で
私が気に入ったのはこれ ↓ 。
ラランヌ.jpg 
 
 
そして、彫刻の森美術館で
「おお~!」と思ったもう一つがこれ ↓ 。
111001_1139381.jpg
作品名:「幸せを呼ぶシンフォニー」
作:ガブリエル・ロアール
 
 
高さ18mのステンドグラスの搭で、中には螺旋階段があり、一番上まで上れます。写真は入り口付近から上を見上げて撮影したもの。美しいというよりは、幻想的な空間でした。
 
 
そして、美術館を出たあとに、空腹でたどりついたのが「しずく亭」さん。
shizuku.JPG
 
 
自然薯料理専門店さんで、なかなかの有名店。いわゆる「麦とろごはん」が頂けます。食べログの評価も高く、並ぶのを覚悟で行ったのですが、ラッキーなことに待つことなく着席。
 
ふわっとろ×2なので、食べるというより飲んじゃう感じ(笑)。本わさび、野沢菜、シイタケ、きゃらぶきなどなど、いろいろな薬味でいただきます。麦ごはんは、おひつに入って来ます。
 
yakumi.JPG
 
 
備長炭で焼いたというアジの開きも
身をほぐして麦とろごはんの上に乗せて、飲みます(いや、食べます)。
右上がとろろ汁です。
tororo.JPG
 
 
もし、箱根のほうへ行くことがあったら、ご賞味あれ♪
Check

最終更新:2018/09/20 RSSについて

月別記事一覧