おにぎりカフェ
利さく

住  所
文京区千駄木2-31-6
電  話
03-5834-7292
アクセス
東京メトロ千代田線「千駄木駅」下車(1番出口) 徒歩2分
営業時間
8:00~20:00(その日のお米がなくなり次第終了)
朝食 8:00~11:00 ランチ 11:00~15:00
定 休 日
水曜日

おにぎりカフェ「利さく」は、千駄木駅から不忍通り沿いを根津方面へ2分ほど歩いた、右手にあります。朝8時から手作りおにぎりやお総菜が食べられるだけでなく、カフェとしても利用できるお店です。

木製格子に青い看板の組み合わせが目を引く

和モダンな印象の店内には、カウンターとテーブルにゆったり座れるソファが20席ほど。
壁にはさまざまな作家のアート作品が展示されており、まるで小さなギャラリーのようです。店主のご友人やその紹介で知り合った作家が、テーマを決めて不定期で展示しているそうです。

干支「申」にちなんだ展示(2016年1~3月)

看板商品のおにぎりは、群馬県産のコシヒカリを羽釜で炊いています。作り置きをせず、注文を受けてから握るのがお店のこだわりで、いつでもほかほかの握りたてが食べられると評判です。
ふんわりと握られたご飯は口に含むとすぐにほぐれ、粒が立って噛み応えがあるのに、みずみずしさを感じる絶妙な口当たり。
具は、定番の鮭や明太子をはじめ、旬の素材を取り入れたものや、クリームチーズを使った変わり種までさまざまで、常時20種類以上をそろえています。
煮物などのお総菜も含め、ほとんどの商品がテイクアウト可能です。

「ちりめん山椒」(300円)。
築地で仕入れたちりめんじゃこと、
高知県から取り寄せた高級山椒を使用

人気のランチセットは、玄米おにぎり1個と、お好みで選べるおにぎり1個に、日替わりの肉または魚料理が1品、お総菜が3品付きます。
取材当日は、鶏南蛮の和風タルタルソースがけと、だし巻き玉子、青菜のおひたし、ぬか漬けのセットでした。
選べるおにぎりは、単品の値段にかかわらず、全種類から注文できるのでお得です。この日は、もち豚のひき肉で作ったそぼろのおにぎりをチョイスしました。
また、200円をプラスすれば「具沢山味噌汁」を付けることができます。油揚げやワカメ、エノキなどがたっぷりで、ヘルシーながらも満足感のある一品です。おにぎり以外の料理も、優しい味でほっこりした気分になれました。

ランチセット(700円)と
「具沢山味噌汁」(200円)

ランチセットのほかにも、朝8時から11時までは「朝のセット」、11時から営業終了まで注文できるセットに「スープセット」や「おかず重セット」などがあります。
食後はコーヒーなどを飲みながら、静かなBGMが流れる店内で、ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

素朴な風味のコーヒー(300円)